中国版ゼクシィ「婚礼紀」が78億円資金調達 ブライダルもニューリテールへ

photo created by freepic.diller
中国でブライダルサービスを提供する「婚礼紀」が78億ドルの資金調達に成功した。婚礼紀は結婚式場や写真撮影、新婚旅行を探すことができる結婚情報サイトで、中国版のゼクシィだ。婚礼紀に掲載されている店舗は約20万店、中国全土で400以上の都市をカバーしている。調達資金はオフラインの体験店舗展開などに利用される予定。ブライダル業界でもニューリテールは進んでいきそうだ。

中国版ゼクシィ「 婚礼紀 」が7000万ドル資金調達

中国でブライダルサービスを提供する「婚礼紀」がDラウンドで7000万ドル(約78億円)の資金調達に成功した。中国の投資会社Orchid Asia Group とMatrix Partners Chinaが出資した。婚礼紀は昨年3月にもCラウンドで6500万ドル(約72億円)を調達していた。婚礼紀は中国の結婚関連サービスのIT企業として最高額の資金を調達した企業となった。

ブライダル関連のあらゆるサービスを網羅

婚礼紀は結婚式場や写真撮影、新婚旅行を探すことができる結婚情報サイトで、中国版のゼクシィやマイナビウエディングのようなイメージだ。創業から6年でサイトに結婚を登録したユーザーは5000万組を超える。婚礼紀に掲載されている店舗は約20万店で、中国全土で400以上の都市をカバーしている。創業初期は店舗の掲載サイトに過ぎなかったが、結婚関連用品のECや実店舗を展開するなどブライダル関連の様々なサービスを提供するプラットフォームへと成長してきた。結婚記念に特化した写真撮影やMVを制作できることも大きな特徴だ。

水中での記念撮影にも対応している。画像出典:https://www.hunliji.com/

体験ショップ展開でブライダルもニューリテールへ

創業者の俞哲(Yu Zhe)は「2019年はニューリテール(新小売)がますます進んでいくだろう。直営店と同時に加盟店も増やし、全国の1、2級都市に300店舗のブライダル体験ショップを展開する。婚礼紀が持つIT企業としての強みと質の高さを売りにブライダル業界とユーザー消費のアップデートを実現する。」と述べた。調達資金はサービス拡大、広告やメディア、他業界とのコラボなどに利用される。婚礼紀の開発チームはユーザーのニーズ分析を行ない、ブライダル商品のブランド化を進めていくという。ブライダル業界でもオンラインとオフラインが融合したニューリテールは進んでいきそうだ。

souce:https://bit.ly/2SYEyLg