映画館とホテルが合体!「Film Hotel」が数億円資金調達

映画館とホテルを融合させた「Film Hotel」が数億円の資金調達を完了した。各部屋に備え付けられた映画投影設備によってホテルに居ながら本格的な映画を鑑賞することができる。映画配給会社とも提携しており一部映画館で上映中の映画も視聴可能だ。現在は上海、北京などの1線都市を中心に200軒を展開しているが2020年までに500軒を目指すという。

Film Hotel が数億円の資金調達

映画館とホテルを融合させた「Film Hotel(有戏电影酒店)」がA+ラウンドで数千万元(数億円)の資金調達を完了した。「星空文化」がリードインベスターで「不惑创投」も出資に参加した。調達した資金は店舗の拡大や新製品の開発などに利用される。Film Hotelは昨年4月にも17億円の資金調達を成功させている。

映画館で放映中の映画も鑑賞可能!

Film Hotelはプライベート映画館と宿泊施設をミックスさせたホテルで各部屋に映画を投影する設備が設置されている。約4m×4.5mで1080pフルHDのスクリーン、5.1chのスピーカーの投影設備によりホテルで本格的な映画を鑑賞することが可能だ。ホテルはミドルクラスでエコノミーホテルを改装した店舗が多く、映画設備によって競合との差別化を図っている。また映画配給会社の「中影集团(China Film Group Corporation)」や映画専門学校の「北京电影学院(Beijing Film Academy)」と提携しており映画の著作権を獲得している。そのため映画館で放映中の一部の映画をFilm Hotelで鑑賞することも可能だという。

Film Hotelの客室 画像出典:http://www.youxihotel.com/

2020年までに500店舗の展開を目指す

現在、Film Hotelは直営店を20軒、加盟店を含めると約200軒を運営している。北京、上海などの1線都市が中心に展開しており、1店舗あたり60~90室を提供している。2019年にはさらに200軒、2020年には500軒の展開を目指している。現在の稼働率は約92%と高い数字になっており1泊あたりの料金は400~900元(約6,600~15,000円)だ。Film Hotelは現在「Film Hotel2.0」という新バージョンのオープンを目指している。顔認証チェックインや高いセキュリティを備えたFilm Hotel2.0は6月に上海と北京でオープン予定だ。

source:https://bit.ly/2IG0v04