Luckin Coffee とNetEaseCloudMusicがミュージックカフェを上海にオープン!

Photo by karl chor on Unsplash Photo by Paul Esch-Laurent on Unsplash
中国のコーヒーチェーン「Luckin Coffee(瑞幸咖啡)」と音楽アプリの「NetEaseCloudMusic(网易云音乐)」は協働でミュージックカフェ「楽島」を上海にオープンした。場所は上海思南公館35号。

特殊スピーカーやiPadで音楽を聴きながらドリンクを楽しめる

「楽島」はミュージックをテーマにしたコーヒーショップで既存のLuckin Coffeeを改装した店舗だ。内装は「NetEaseCloudMusic」が中心となって設計を行なっており、NetEaseCloudMusicのアプリが利用できるiPad端末などが設置されている。各テーブルの天井には特殊なスピーカーが設置されており、流した音楽はスピーカーの下にいる人だけに届くようになっているため、テーブルごとに異なる音楽を聴くことができる。また店内に設置されているiPadのアプリから音楽を聴いて、アプリ上にコメントや感想を残すとスクリーンに映し出されるようにもなっている。

Luckin Coffee がオフラインで顧客との接点を作る場に

Luckin Coffeeは「楽島」向けにピーチフラッペを提供しており、今後、通常のLuckin Coffeeでも同商品を販売していく予定だ。Luckin Coffeeは中国国内で急速に店舗数を拡大しておりすでに2000店舗を突破しており、今年アメリカのナスダックにも上場した。コーヒーショップであるLuckin Coffeeはオフラインのリアルな場で顧客との接点が大きな強みだ。顧客とのオフラインでの接点が少ないNetEaseCloudMusicにとってアプリをカフェで体験してもらうことで、ユーザーを拡大したいのが狙いだ。今後もオフラインでの顧客との接点を持ちたいIT企業がLuckin Coffeeとコラボする例がみられそうだ。

source:https://bit.ly/2KlbqwE