ワンホン(網红)収入ランキングTOP5 2018年上半期最も稼いだのは?

ワンホン 収入ランキングTOP5

TikTok(抖音)やKwai(快手)などのショートムービーが最近日本でも流行しているが、中国国内ではライブ配信アプリも依然として人気だ。中国のライブ配信アプリでは、ワンホン(网红)と呼ばれるネット上のインフルエンサーが歌の投稿や商品の紹介をしている。日本で言うなら、アイドルが利用したことで話題となったイチナナやライブミーを想像していただけるとイメージしやすいだろう。ライブ配信アプリの最大の特徴は、視聴者からの投げ銭や紹介した商品の売上など、お金を稼ぐことができる点にある。人気のワンホンは、2018年の上半期だけで2703万元(約4.4億円)を稼いでいる。今回は「2018年上半期 ライブ配信アプリで稼いだ収入トップ5ワンホン」を紹介する。

 

【第5位】 
アカウント名:巅峰之战(diān fēng zhī zhàn )
ID:71110001
アプリ:花椒
性別:不明
都市:朝陽市
収入:1268万元(約2億円)

 

【第4位】
アカウント名:徐若汐-歌剧演员(xú ruò xī -gē jù yǎn yuán )
ID:24946460
アプリ:花椒
性別:女性
都市:朝陽市
収入:1278万元(約2.1億円)

【第3位】
アカウント名:冉小冉(rǎn xiǎo rǎn )
ID:6171090
アプリ:陌陌
性別:女性
都市:北京市
収入:1569万元(約2.5億円)

【第2位】
アカウント名:Lion狮大大(shī dà dà )
ID:334299598
アプリ:陌陌
性別:女性
都市:山東省
収入:1799万元(約2.9億円)

【第1位】
アカウント名:洪小乔red(hóng xiǎo qiáo )
ID:337153000
アプリ:陌陌
性別:女性
都市:深セン市
収入:2703万元(約4.4億円)

上位0.7%が全体の68%を稼ぐ

ランキングの1~3位で利用されているアプリは陌陌(Momo)、4、5位は花椒(Huajiao)だった。この他に代表的なアプリでは映客(Yingke)、一直播(Yizhibo)、美拍(Meipai)、火山(Huoshan)などがあり、ランキングはこの6つのアプリからの統計となっている。アプリ別ではMomoの収入が最も多く、Huoshan、Yingke、Huajiao、Yizhibo、Meipaiと続いている。

5位の巅峰之战はスター発掘番組のようなアカウントだが、1~4位までは女性のワンホンがランクインした。1位の洪小乔redは、わずか半年間で4.4億を稼いでいる。かなり夢のある話に聞こえるが、上位0.7%が収入全体の68%を占めており、トップ層以外は厳しいのが実情だ。中国で今年、最も稼いだワンホンの動画をチェックしておけば中国の流行が見えてくるはずだ。

 

 

source:http://www.zhaihehe.com/?/news_detail/1935