アリババグループ傘下の動画サイト「Youku」がフジテレビと提携

Youku (優酷)がフジテレビと提携

アリババグループ傘下の動画サイト「Youku(優酷)」では、フジテレビとの提携により7月から日本のドラマが視聴できるようになった。中国市場でドラマの販売を拡大していきたいフジテレビと、日本ドラマのファンを取り込むことでさらなる中国国内のユーザーを獲得したいYoukuの思惑が合致した。

Youku デイリーユーザー1億人を突破

Youkuは今年、「CCTV(中国中央電視台)」の協力パートナーとしてW杯の試合を中継したことでデイリーユーザーを大幅に増やしていた。2018年7月にQuestMobileが発表した「W杯グループリーグデータレポート」によると、W杯グループリーグ期間中、Youkuのデイリーユーザーは1億人を超え、6月のW杯が始まる前の期間と比べ22%上昇した。また同期間中、Youkuアプリのデイリー平均利用時間は50.4分で9.8%上昇した。

YoukuはW杯以降、蘇寧グループ傘下の「Suning Sports(蘇寧体育)」とも提携を結んでおり、スポーツコンテンツの制作を開始している。W杯で獲得したユーザーを長期で囲いたい考えだ。

youku

日本ドラマの高い人気

日本の番組は中国で高い人気を誇っている。中でも「リーガル・ハイ」や「深夜食堂」、「5時から9時まで」などは中国でも高評価を得ている。「リーガル・ハイ1」は中国のコミュニティサイト「Douban(豆瓣)」で10点中9.3を得ており15万人以上が評価をしている。フジテレビのドラマ「東京ラブストーリー」や「のだめカンタービレ」も9以上の評価を得ており、中国の日本ドラマファンが一気にYoukuに流れる可能性がある。

実際にYoukuで「日剧(日本ドラマ)」と検索するとフジテレビで昨年放送されたドラマ「警視庁いきもの係」などはじめ500作品がヒットした。(他局の作品や予告や他サイトへのリンクを含む)Youku上で視聴できるドラマの多くはほとんどが2話目以降が有料会員限定となっていた。今後のYoukuでの日本ドラマの作品数増加と有料会員数に注目したい。

source:https://36kr.com/p/5145757.html