テンセント 1日でゲームライブストリーミング2社に1067億円を投資

テンセントが1日で1000億円以上を投資

 3月8日、テンセント(Tencent)は、中国のゲームに特化したライブストリーミングプラットフォームである「斗鱼(Douyu TV)」および「虎牙(Huya)」に対して、合計約10億米ドル(1067億円)を投資していた。
 8日の午前、「Douyu TV」は、テンセントから6.3億米ドル(673億円)の資金調達を完了したと発表した。さらにその午後、欢聚时代(YY)傘下のゲームライブストリーミング「Huya」が、Bラウンドにてテンセントから4.61億米ドル(492億円)の資金調達を発表した。「Huya」にとって、今回の投資は、1ラウンドあたりで過去最高額だった。

 YYのCEO李学凌は、『テンセントと「Huya」が戦略的提携を結ぶことで、中国のゲームユーザーにより良質なサービスを提供できるだろう。今回の投資によって、ライブ配信市場のリーディングカンパニーとして地位を固める』と述べた。

斗鱼_Douyu_中国_ゲーム_ライブストリーミング
中国ゲーム特化型ライブストリーミング「Douyu TV」

 

ゲームライブ配信「DOUYU TV」と「HUYA」の今後

 ゲームライブ配信業界のTOP3に入るプラットフォーム2社が、テンセントからの投資を受ける結果となった。テンセントは、「Douyu TV」への投資は今回で3回目になるが、「Huya」への投資は今回初めてだ。
 「Douyu TV」と「Huya」は、中国のゲームライブ配信業界のトップを争うプラットフォームであり、両社の激しい競争は業界内外から注目されている。今回、テンセントは一度に1067億円以上を投資したが、近いうちに回収できるかもしれない。「Huya」は、米国市場でのIPOを申請中と報じられており、「Douyu TV」も香港市場でのIPOに向けて準備中だと報じられている。

 

テンセントの好調なゲーム事業は、ゲームのライブストリーミングやeスポーツなどと高いシナジーが期待できる。中国のゲーム関連市場には、今後も目が離せない。