中国最大級の医療美容整形プラットフォーム「SoYoung」が総額100億円を調達

中国最大級の美容整形プラットフォーム「新氧(SoYoung)」がD2ラウンドで2億人民元(33.5億円)の資金調達に成功した。今回のラウンドのリードインベスターである兰馨亚洲投资集团(Orchid Asia)をはじめ、マトリックスパートナーズ(MatrixPartners China)、トラストブリッジ(TrustBridge Partners)、アパックス(Apax Partners)、鼎晖投资(CDH Investments)も参加した。なかでも、マトリックスパートナーズはAラウンドから出資しており、今回で4度目となる。

 

Dラウンド総額100億円

 2017年12月、「SoYoung」は、D1ラウンドで約4億人民元(67億円)の資金調達を発表し、それから3か月ほどでD2ラウンドの資金調達も完了した。 これで、同社のDラウンドでの調達額は総額6億人民元(100.5億円)となった。「SoYoung」は、Dラウンドまで調達を実行した中国唯一の医療美容プラットフォームとなり、医療美容業界におけるDラウンドの調達額では、過去最高額となった。

 

「SOYOUNG」とは?

 「SoYoung」は2013年に設立された中国の美容整形プラットフォームだ。2017年、アプリおよびwebサイトの訪問者は1.14億人にのぼり、米国の美容プラットフォームサイト「realself.com」を超え、世界最大の医療美容プラットフォームに成長した。現在、ユーザーは2500万人、ユーザーが公開した日記は350万件に達する。

新氧美容整形_SoYoung_中国_プラットフォーム

 過去4年間、「SoYoung」は豊富なコンテンツとコミュニティ運営によって、ユーザーから絶大な支持を得ている。医療美容系アプリ全体の起動回数のうち、なんと約90%がこの「SoYoung」が占めており、使用回数では全体の84%を占めている。
 また「SoYoung」では、業界全体の取引の透明性と安全性を促進し、業界の再構築を目指している。医療美容eコマース業界で初めて、医療美容機関の名前と価格を掲載し、消費者が価格を比較できるようにしたのだ。

 

今回の資金調達は、人材募集、インフラの強化、ユーザーや医療機関の体験価値向上、そしてサービスカテゴリーをさらに拡大する方針だ。