高級 ブランド レンタル 「Starluxe」 9.9億円調達

中国の大物女優も出資

中国の高級ブランド品レンタルサイト「星洞(Starluxe)」はプレAラウンドで6000万人民元(9.9億円)の資金調達に成功した。今回のリードインベスターは、天图资本(Tiantu Capital)で、その他にも前海母基金(SZVC)、青山资本(Cyanhill Capital)、世界で活躍する中国の大女優章子怡(チャン・ツィイー)も参加した。

 

「Starluxe」とは?

「Starluxe」が扱うブランド品は、主にバッグ、アパレル、アクセサリー、スーツケースなどで、そのうちバッグが約70%を占める。SKUは合計700〜800ほど。バイヤーがシャネル、ディオール、エルメスなど各ブランドと直接取引をしているため、競合他社とは異なり、「星洞」のブランド品はほとんどが新品だ。 また、「Starluxe」のサイトで2ヶ月間レンタルされなかった商品は、 サイトから削除し、中古品市場に流通させているという。

 Starluxe

「Starluxe」の商品

レンタルの料金プランは、1週間プランか年間会員プランに分かれている。
1週間プランは、ユーザーが借りたいブランド品の価格の50%をデポジットとして支払うことが条件となる。デポジットを支払えば、商品単価の3%で1日レンタルできる。
年間会員プランは、年会費制となる。会員になると、レンタルの回数やレンタルの時間は無制限となる。年会費も3段階用意されており、それぞれ9,999人民元(16.6万円)、19,999人民元(33.3万円)、29,999人民元(49.9万円)となっている。「Starluxe」のおすすめは、年間会員プランのほうだという。

 

ブランド レンタル のユーザー

「Starluxe」によれば、すでに高級品を使用している人やブランド品への意識が高い人をターゲットとしている。現在、登録ユーザーは約1万人で、課金ユーザーは1000人以上だ。ユーザーの40%以上が高級ブランド品のヘビーユーザーで、年間のブランド品での出費は20万人民元(330万円)以上のようだ。また、月収1万~2万人民元(16.5万~33万円)のホワイトカラー層がユーザー全体の約25%を占めている。

現在、サービスを提供している都市は、北京と上海のみ。今年9月に、上海に実店舗をオープンする予定で、さらに今年末までに深センや広州でもサービスを開始するとしている。

 

今回調達した資金は、主にマーケティング、プロモーション、SKUの拡張、実店舗の建設費に使用する。