アリババ初の近未来型ホテル「FlyZoo Hotel」がオープン

12月18日、アリババ初となる近未来型のホテル「FlyZoo Hotel(菲住布渴酒店・fēizhù bùkě jiǔdiàn )」が杭州にオープンした。ホテル全域でAIが活用されており、部屋やレストラン、ジムなどあらゆる場所で宿泊客を識別し、ロボットがサービスを提供してくれる。そんなアリババのホテル「FlyZoo Hotel」を紹介する。

チェックインは顔認証で手間いらず

「FlyZoo Hotel」はアリババ傘下の旅行会社「Fliggy(飞猪・fēizhū )」もしくはFlyZoo Hotelのアプリから予約することができる。Fliggyからの予約だと1泊1部屋ツインベッドルームが1399元〜(約23000円〜)で計290室を提供している。宿泊客はFlyZoo Hotelのアプリに顔を登録しておくと当日、受付にある機械で顔認証するだけでチェックインすることが可能だ。アリペイで支払いを行なうとロボットがエレベーターまで案内してくれ、部屋のあるフロアまで連れて行ってくれる。部屋のロックも顔認証になっておりスマートフォンなどの操作も必要なく、顔認識すると扉が開くようになっている。ロボットがチェックインに関わる全ての作業を行うことができるため、人員コストの削減にもなる。

checkin
FlyZoo Hotelで利用されている顔認証の機器とロボット(FlyZoo Hotelのアプリより引用)

客室ではスマートスピーカーが大活躍

客室にはアリババのスマートスピーカー「TmallGenie(天猫精灵・tiānmāo jīnglíng )」が設置されており、室温調整や窓の開閉、テレビのスイッチ、目覚まし時計などもすべて音声コントロールで行なうことができる。ホテル内のレストランやジムを利用するときも顔認証をするだけで利用することが可能だ。ホテルから外出したくなければTmallGenieからオーダーするとロボットが水や食べ物を部屋まで運んできてくれる。部屋の中で気に入った家具やアメニティなどがあればアプリで写真を撮るとネットショップからすぐに購入できるようにもなっている。チェックアウトの際も清掃員が部屋のチェックに来る必要もなく、スマホでチェックアウトの手続きをするだけでOKだ。宿泊客が部屋から出たのを検知するとエレベーターが作動しはじめる。

room
FlyZoo Hotel客室の様子(Fliggyから引用)

スマート化で人手不足も解消

上記のようにFlyZoo Hotelにはアリババの最新技術が惜しみなく投入されている。最新のスマートロボットもアリババが運営する人工知能ラボによって提供されており、他にもアリババクラウドによってビッグデータ、淘宝技術チームによってホテル運営のプラットフォームなどが提供されている。FlyZoo Hotelではスマート化によりこれまで20人が必要だったところが3人で運営できるようになっており、大幅な人員削減に成功した。顔認証によるホテルのチェックインが普及すればアルバイトの人手不足問題も解消することができそうだ。

 

FlyZoo Hotel iOSアプリ:https://apple.co/2UZsrQq

source:https://bit.ly/2BzYxtf

https://bit.ly/2EB5ddw