3歳でSNSデビュー?中国児童のネット実態とは?

中国では、インターネットの使用年齢が低下している。

『2017年広東省少年児童インターネット素養状況報告』によると、3∼6歳児の23%以上は毎日30分以上ネットを使用しており、中でも30分以上使用する5歳児は31.9%にのぼる。さらに、3歳の子供がQQやWeChatなどのSNSを利用しているというから驚きだ。
また、61.6%の親は「子供の方がインターネットの知識が優れている」と感じている。

source:
https://cnps.jp/2hMLGNT